Home > 施工モデル

施工モデル

メモワール
ご家族の想いを永遠に
故人との語らいもできるように
ベンチと収納スペースを施しました。
高いデザイン性と機能性を
備えたモデルです。

『和とモダンを融合させたスタイル』
洋型でありながら和を感じさせるデザインを意識し加工を付け加えるのでなく、削ぎ落とすことで洗練されたスタイリッシュな印象に仕上げました。
格子部分の柄はアレンジでき
花の小鉢やキャンドルを並べて飾ることも
できるようにデザインしました。

かな
モデル名「かな」は万葉語の「いとかなし・・・」
そんなフレーズから引用して
現代語では「とても愛おしい」の意です。
全体を柔らかな曲線でデザインし,優しさを表現。
墓石は包容力のある
「母親」をイメージしています。
明るくやさしさの感じられるモデルです。

四季
ご位牌をイメージした墓石を中心に
石塔と外柵には柔らかな曲線を用いて
飽きのこないシンプルなデザインに仕上げました。
やさしい桜みかげ石とシンプルなデザイン
若い世代からご年配の方まで
幅広い層から人気のあるモデルです。

ルセス
ルセスとはスペイン語で「光」を意味します。
光あふれるお墓で、故人のご供養をしていただきたい・・・
そんな願いをこめたデザインです。
自然に囲まれた墓地に調和する
光のイメージのお墓です。

スター
人は死んだらお星様になるんだよ…
そんなメルヘンチックな思いを形にしたお墓です。
夜空に浮かぶ月と、その周りを囲む星たちを
イメージしました。
夜空に輝く星たちは、空から優しくあなたを
見守ってくれているかのようです。

ピュア
シンプルですっきりとしたデザインのモデルです。
おそうじ、お手入れもしやすく
飽きのこないスタンダードなお墓です。

ターミナル
人生は旅のようなもの。
黒御影で縁取られた参道は
長く続く人生そのものをイメージしました。
長い人生を全うし、たどり着く場所(終着駅)。
奥に配した石碑(終着駅)は
あなただけの生きた証、象徴です。
今までありがとう、そしてお疲れ様。
それは永遠に続く家族の絆。
黒と白のコントラストが
「新しいお墓」を感じさせてくれます。

フローラ
「フローラ」とは春と花の花神
花咲く刈るを告げるにふさわしい洋型デザインです。
曲線を基調にした優しいイメージの外柵と
シンプルな洋型墓石は美しく
やすらぎをあたえてくれます。

シンフォニー
曲線と直線、柔と剛のシンフォニー。
背壁の曲線加工がダイナミックな
重量感あるデザインです。
輪の中心に、墓石を配置することで
家族の中心にご先祖様があることを
表現しました。

フロウ
流れるようなラインと曲線が特徴的なモデルです。
柔らかなラインはお参りに来る方を
優しく迎え入れてくれます。
Flow(フロウ)とは”絶え間なく流れる”の意味。
永遠に続く家族の象徴となるお墓です。

カレン
重厚感あふれる外柵に
近年人気の位牌型(和洋折衷)の墓石を配しました。
ボリューム感のある墓石が象徴的なモデルです。
シンプルで飽きのこないデザインです。

エターナル
沼津石材の洋型の
スタンダードモデルです。
デザインアレンジが容易で
自分なりの個性を
演出しやすいモデルです。
コンパクトな墓地向きの
デザインです。

近年の墓地事情に合わせた
コンパクトな和洋折衷モデルです。
入口に配した墓誌と曲線を多用した外柵が特徴のモデルです。
小スペース墓所に最適なデザインになっています。

月光
和風モダンをテーマに設計しました。
入り口の収納付きベンチとはめ込み型の灯篭
外柵一体型の墓誌が特徴の現代型墓石です。

伊豆
シンプルですが豪華さの感じられる
根強い人気の和型もですです。
小スペース墓所に最適のデザインで
どのような石種にもマッチします。

回想
緩やかな曲線でくつろぎのスペースを演出
左側に配したベンチと外柵一体型の墓誌が人気のモデルです。
和洋折衷型の墓石は風格さえ感じます。
こだわりの国産材は個人への何よりのプレゼントです。

銀河
広さを生かすために華美にせず
余裕のあるすっきりとしたデザインにしました。
墓石と外柵を白みかげ石で統一して品の良さを表現。
シンプルですが威厳のあるデザインになりました。
お参りのスペースの広さも特徴のモデルです。

伝統的な和型墓石に
シンプルでモダンなデザインの外柵を組み合わせました。
すっきりしたデザインはお手入れもしやすく
お参りされる型を優しく迎えてくれます。
全体を白みかげで統一することにより
明るくゆったりとしたお墓になっています。

流星
重厚でありシンプルなデザイン。
外柵には白いみかげ石
石塔部には柔らかな存在感のある黒みかげ石を使うことで親しみやすく明るい印象を持たせました。
男性的などっしりとした包容力と
優しさをイメージしました。
«Prev || 1 | 2 || Next»

↑このページのトップへ