Home > お墓の事例 > 三島市での施工事例です

お墓の事例

三島市での施工事例です

お施主様からのお言葉を掲載させて頂きます。

 昨年、母が帰らぬ人となり、それを機にお墓の建立を考えることとなりました。
デザインは、他とは違うお墓にしたかったので、いろいろな石材店を訪れどんなデザインにしようかと悩んでいました。
そんな時に沼津石材の展示場にある「スター」モデルが気に入り私と妻でこのモデルをベースにしたお墓づくりをしようと決めました。

 お墓づくりにあたり大切にしたかったのは、亡き母への「想い」と家族の「和」でした。

母は大変花好きでしたので、お墓参りに行くときは花をたくさん飾れるように花筒を4つにしました。ただ生花はすぐに枯れてしまうものなので、いつ来ても花が飾ってあるようにと、墓石にバラの花を模したブロンズオブジェを設置しました。背壁には「家族5人がいつも一緒だよ」という思いを込め、星の入ったガラス玉を5つ配しました。

墓石には母の戒名の一文字の「幸」と生前母が家族みんなで「幸せ」に暮らしていたこと。そしてこれからも私たち家族全員が「幸せ」に暮らせるようにという願いの3つの意味を含めて、「幸」の文字を娘に書いてもらい彫刻することにしました。
墓地が完成し、100カ日の法要後の納骨には息子が母の遺骨を納骨。こうして、家族全員がお墓づくりに携わることが出来ました。

いつも働き者で、頑張り屋の母。本当に今までありがとう。そしてご苦労様でした。きっと天国でこのお墓を見て、喜んでいてくれていると思います。

私たち家族にとっても忘れることのない、かけがえのない想い出となりました。


【7/13追記】
沼津石材が加盟する全優石(全国優良石材店)主催の第20回お墓デザインコンテストで入賞いたしました。
▼リンク先のHPに掲載されておりますので、是非ご覧ください。
 『第20回デザインコンテスト受賞作品

↑このページのトップへ